2012年01月20日

鳥の歌 あかり

鳥の歌.JPG

あかりをつけると、こんな感じです。
昨年11月から12月末日まで、
北の丸ホテル展示場で開催した「陶土のあかり展」に出品
北の丸ホテルH.P のスタッフブログで紹介してもらっています
posted by 広谷幸 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | あかり

2012年01月12日

アトリエからの眺め

002.JPG

一昨年夏、左肩を脱臼、複雑骨折をし手術
創る事ができなくなり、陶芸を休業しました。
手術をして下さった先生、リハビリを担当してくださった先生に
感謝しています。
その後、長い自主トレーニングの結果やっと一年半かかって
陶芸に復帰できるようになりました。

posted by 広谷幸 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

鳥の歌のランプ完成

鳥の歌1.JPG


タイトル「鳥の歌」のらんぷ完成
とんがり帽子のような三角形の屋根の家
小鳥たちの鳴き声が聞こえてきそうな気がします
メルヘンの世界に来たような楽しい気持ちになりますよ
posted by 広谷幸 at 14:18| Comment(1) | TrackBack(0) | あかり

2010年07月24日

波のらんぷ 乾燥中 

2010年6月あかり
 
土での制作完成
出来上がったばかりの土の色です。
約一ヶ月の制作日数
これから、紙袋の中で三ヶ月位の間、乾燥させます。
かつて、海辺で穏やかな波の音を聞きながら過ごした時の
思い出を表現してみました。
posted by 広谷幸 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | うつわ

萩の手桶 乾燥中

2010−1月 
 
現在、乾燥中  取手の付いたランプです
信楽の赤土の上に、白い化粧土を作り、
筆で萩の花模様を描いています。
これから素焼きをし、土灰をかけ、
薄いブルーグレイに仕上げようと思います
posted by 広谷幸 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | うつわ

2010年06月14日

乾燥中の器たち

2010年3月うつわ

美濃の荒目の赤土に、泥状の白い化粧土を上から流しかけます
すると赤土が、白い色に生まれ変わります
模様は、赤土の上に白化粧土を使い筆で描いています
この後、800度の窯で素焼きします
posted by 広谷幸 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | うつわ

現在乾燥中

2010年2月あかり

土での制作終了から4ヶ月目 乾燥中の写真です
古陶土という荒目の白土を使用
題名は『鳥の歌』にしようか
小さな三角の窓は、土が柔らかいうちに開きます
1ヶ月後に素焼きをし、ゆう薬をかけて本焼きをします
posted by 広谷幸 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あかり

2010年06月13日

土での制作完成

あかりno1

1月に作業開始 制作期間約1ヶ月
現在、乾燥中の写真です
古陶土という荒目の白土をこね、ひも作りで形をつくりくり抜いていきます
粘り強く、急がずコツコツと作業します
制作終了後、5ヶ月位袋の中で乾燥し、その後素焼きをします
そろそろ素焼きです
posted by 広谷幸 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | あかり

2010年06月12日

紹介

形のない土から、形のあるものを生み出すことは楽しく喜びであることを
伝えたい
posted by 広谷幸 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あかり